オーバーヒートしている場合

| 未分類 |

最近の自動車はとても性能がよくなり大きなトラブルはとても少なくなりました。
これはトラブルが発生した場合にその原因を探し、同じようなトラブルが発生しないように改善を行い、ノウハウとして次に活かしているからなのです。
このようなトラブルは少なくなってきましたが、いろいろな条件がかさなるとトラブルが発生してしまうことがあります。
例えば急にエンジンのパワーがなくなった場合などはオーバーヒートという原因が考えられます。

ビジネス女性07これは最近の自動車はほとんど水冷エンジンとなっています。要は水をエンジン外側に循環させてラジエターによって風をうけてその水を冷やしているのです。
しかしそのラジエターから水が漏れてしまったり、水を循環させるポンプが故障してしまうような場合に発生することがあります。
まずこのような状況の場合、水温計の空いている自動車はそのメーターで確認することができます。
温度が高くなりすぎた場合、なんらかの異常が考えられるので一度確認する必要があります。
また低速時に高回転で走行を続けた場合も水温が上がってしまうことがあります。
このような場合は水温が下がるまで車をゆっくり走行させるか停止させてから走行するようにします。