オーバーヒートっで生じるトラブル

| 未分類 |

自動車に起こるオーバーヒートとはどのような現象か、簡単に言えばエンジンが熱くなりすぎてしまうということです。
エンジンはどうしても熱くなります、それば通常エンジン内部はピストンが上下して回転運動を生み出しているのですが、そのために空気とガソリンといった燃料を混合して圧縮し爆発させることで回転運動を生み出しています。
爆発するということは大量の熱を発生することになります。そのためにエンジンは暑くなってしまうのです。
ではエンジンが熱くなりすぎるとどうなるか、最悪の場合はエンジン内部のピストンなどが焼きついてしまうことになります。
                                                                              

そのためエンジンの温度をコントロールする仕組みが車に備わっています。
例えばエンジンを外部から冷却するには風をあてて冷やすという方法があります。
しかしこれでは停止している間は風が当たらずすぐに高温になってしまい安定しないことになるので、ポンプによって水を循環させて冷やす水冷式という方法でエンジンを冷却します。
これも基本的には風をラジエターにあてて水を冷やすわけですが、空冷より安定的に冷やすことができます。
またエンジン内部にはエンジンオイルがあり、これが循環することでエンジンを内部から冷却します。