燃料の入れ間違いによって生じるトラブル

| 未分類 |

ガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまう、ディーゼル車に灯油を入れてしまう、あるいはハイオク(プレミアム)ガソリン指定エンジンにレギュラーガソリンを入れてしまう。こうした給油時の燃料の入れ間違いは、常識的に見れば起こりようがないはずなのですが、年間に何件か報告されています。しかも昨今になって増えてきたと言われています。ひとえにセルフ式のガソリンスタンドの増加によって、ガソリン車への軽油の給油が増えたことが最大要因と考えられます。

野菜と女性こうした入れ間違いは、エンジン不調をまねくだけでなく、エンジンに深刻なダメージを与えてしまうことがしばしばあります。いずれの場合でも、間違いに気付いたら決してエンジンを始動しないことが深刻なダメージにならない最善策です。
例えば、ガソリン車に軽油を入れた場合、大抵の場合、軽油とガソリンが混ざった状態で走行することになり、エンジン出力が下がり、加速が鈍くなります。100%軽油の場合は、排ガスが黒くなり、やがてエンジンが停止します。いずれの場合もタンク内のガソリン、軽油をすべて排出し、タンクを洗浄するといった作業が必要になります。セルフで作業を行い深刻なトラブルを避けることができたとしても、一度専門家に見てもらった方がいいでしょう。