» 未分類のブログ記事

なりやすい運転の仕方

| 未分類 |

オーバーヒートは結局のところエンジンの冷却がうまくできないことによって起こるわけです。つまり想定以上の負荷をエンジンにかけてしまったということになります。こうした状態を招きやすい運転の仕方があります。一つは長い坂道での低いギア走行です。低いギアで走行するということは、1速(ローギア)や2速で走行をし続けるということになりますが、それはかなりの回転数をエンジンに与えるということになります。エンジンは高回転でありながら、ローギアゆえに速度は上がりません。速度が上がらないということはラジエーターに流れ込む空気の量も減るということを意味します。
                                                                              

つまりエンジンの冷却がうまくいかず、結果的にオーバーヒーとなりやすいのです。もう一つは渋滞時のノロノロ運転です。渋滞した道路は他の車も含めて大変な熱気となります。文字通りうだるような暑さのなか、エンジンをかけ続けていた場合、エンジンは非常に高い熱を溜め込んでいきます。エンジンをかけていなければエアコンも作動しませんから、仕方なくアイドリングさせたまま駐車しますが、こうした場合、車の一歩外に出ればうだるような暑さが待ち受けているのです。これはエンジンについても共通して言えることです。エンジンは炎天下、ひたすらあなたからの指示を待って忠実に用事があることを祈っているのです。

正しい対策方法について

| 未分類 |

車の性能を維持するためには、冷却水など細かなところも点検が必要です。エンジンの発生熱量が高まってしまうとオーバーヒートを起こしてしまいます。異様な熱を持ったまま冷やされないでしまったら、煙が出てきたり発火してしまう危険もあるのです。走行中にそのような状態になってしまったら大変なので、出発する前には冷却装置の確認を行うべきです。特に高速道路を走る予定があるときには十分に確認を行うと良いです。なぜなら不具合を感じたからと急に止まることが難しいですし、左端の路肩に止められたとしても衝突される危険があって、事故の原因となることもあるからです。

女性01オーバーヒートを感じたときの対応は、周囲の安全を確認して邪魔にならないところに車を早急に停車させ、ボンネットを開けることでエンジンルームの風通しを良くします。この作業だけで幾分冷やされますが、安心はできません。冷却装置が壊れて動かない時や冷却水が漏れているときなどはエンジンを完全に切って自然に冷めるのを待つしかありませんが、冷却装置が働いているときにはエンジンを停止しないほうが循環が促せされますし、エンジンを止めたことで一挙に温度が上昇してしまう状態を避けることができます。このため、不具合が発生しても冷静に対応することが大切です。

オーバーヒートっで生じるトラブル

| 未分類 |

自動車に起こるオーバーヒートとはどのような現象か、簡単に言えばエンジンが熱くなりすぎてしまうということです。
エンジンはどうしても熱くなります、それば通常エンジン内部はピストンが上下して回転運動を生み出しているのですが、そのために空気とガソリンといった燃料を混合して圧縮し爆発させることで回転運動を生み出しています。
爆発するということは大量の熱を発生することになります。そのためにエンジンは暑くなってしまうのです。
ではエンジンが熱くなりすぎるとどうなるか、最悪の場合はエンジン内部のピストンなどが焼きついてしまうことになります。
                                                                              

そのためエンジンの温度をコントロールする仕組みが車に備わっています。
例えばエンジンを外部から冷却するには風をあてて冷やすという方法があります。
しかしこれでは停止している間は風が当たらずすぐに高温になってしまい安定しないことになるので、ポンプによって水を循環させて冷やす水冷式という方法でエンジンを冷却します。
これも基本的には風をラジエターにあてて水を冷やすわけですが、空冷より安定的に冷やすことができます。
またエンジン内部にはエンジンオイルがあり、これが循環することでエンジンを内部から冷却します。

車は常にメンテナンスすることで調子よく走ることができます。メンテナンスを行う箇所はいろいろあります。
例えばガソリンスタンドなどで点検をしてもらうとその一覧表があり、オイルやバッテリー、ウォッシャー液、ワイパー、タイヤの空気圧などいろいろあります。
点検するポイントの一つとしてエアクリーナーというものがあります。
これはエンジンルーム内についているのですが、エンジンが吸い込む空気をキレイな状態にするためのものです。
そもそもエンジンは空気が必要なのです。エンジンはピストンの上下運動で燃料と空気を圧縮して爆発させることで回転しているからです。

ビューティー24その空気を常にキレイにするためについています。しかしこれが目詰まりするとエンジンのパワーが落ちてしまいます。
また燃費にも影響を及ぼします。やはり空気を取り込む際に目詰まりでそれが負荷となるとアクセルを踏んでもレスポンスが悪いという状態になってしまいます。
アクセルを踏んでも反応が悪くなったと感じた場合は注意が必要です。
これは掃除をするか交換をするということで解決することができます。
走行状態にもよりますが交換の目安としては一般的には2万キロ程度に交換するといいでしょう。

オーバーヒートしている場合

| 未分類 |

最近の自動車はとても性能がよくなり大きなトラブルはとても少なくなりました。
これはトラブルが発生した場合にその原因を探し、同じようなトラブルが発生しないように改善を行い、ノウハウとして次に活かしているからなのです。
このようなトラブルは少なくなってきましたが、いろいろな条件がかさなるとトラブルが発生してしまうことがあります。
例えば急にエンジンのパワーがなくなった場合などはオーバーヒートという原因が考えられます。

ビジネス女性07これは最近の自動車はほとんど水冷エンジンとなっています。要は水をエンジン外側に循環させてラジエターによって風をうけてその水を冷やしているのです。
しかしそのラジエターから水が漏れてしまったり、水を循環させるポンプが故障してしまうような場合に発生することがあります。
まずこのような状況の場合、水温計の空いている自動車はそのメーターで確認することができます。
温度が高くなりすぎた場合、なんらかの異常が考えられるので一度確認する必要があります。
また低速時に高回転で走行を続けた場合も水温が上がってしまうことがあります。
このような場合は水温が下がるまで車をゆっくり走行させるか停止させてから走行するようにします。

燃料系のトラブル内容

| 未分類 |

クルマを走らせるために必要なものはガソリンとエンジンとタイヤの三つです。これらの三つのうちの一つでも欠けてしまうと、うまく走行をすることができません。走行中に不具合を感じ取ったら速やかに対応をするといいでしょう。
走行中にエンジンのうごきがスムーズではなく徐ヶに止まっていくときには、燃料系のトラブルが発生しているとみて間違いないでしょう。燃料ポンプの故障やフィルターや燃料ホースのつまりによっておこっている可能性も考えられます。初期の症状としては、始動性がわるくなったり、エンストをしてもある程度すれば走れるようになったりがあげられます。

トラブルの状況によって、原因を追究をすることができます。通常であれば、整備工場にもっaf9920059352lていくことで点検と修理を行ってもらうことができます。しかし、ある程度の知識をもっておけば自分のいえでも十分に修理をすることができます。どちらの場合でもトラブルが起きたときの状況をしっかりと覚えておきましょう。
その状況で、早期にトラブルが発見できるでしょう。整備工場にいくときには、今後の対策などのアドバイスも一緒にもらうといいでしょう。自分で点検ができれば、旅行の最中でも車のメンテナンスができます。

点火系のトラブル内容

| 未分類 |

走行中にエンジンパワーが落ちるケースもあり、大抵は新車で購入した時よりも長い期間走行していれば、そのパワーが徐々に低下することは経年劣化の兼ね合いからもある意味、仕方がないことかもしれません。ただエンジンパワーの落ち方には、徐々にパワーが低下する場合とある日、突然に低下するというケースに分かれます。
徐々にエンジンパワーが低下するケースにおいては、その原因はエアクリーナーの汚れによってです。エンジンは空気を吸入してエンジンを回転させるのですが、汚れが詰まっているとうまく空気を吸入できないことで回転が悪くなりエンジンパワーは失われるのです。

af0060020114mある日、突然エンジンパワーが低下する原因としては、燃料系・点火系のトラブルによる場合です。燃料系では燃料違いによるものから、エンジンに燃料を送り込むポンプが故障したり、燃料を通すフィルターやホースの目詰まりもあります。主に点火をする系統でのトラブル内容には、点火するためのプラグ自体が不良になっていたり、その点火時期に狂いが生じているケースも多いです。
またコイルやレジスタ等の点火一次系結線不良やハイテンションケーブルの漏電、デストリビュータキャップの不良もあります。それらの症状では、エンジンが急に停止してしまうエンストになりやすく、すうっと後ろに引かれるような感じでのエンストが起こる症状が該当することとなります。

燃料の入れ間違いによって生じるトラブル

| 未分類 |

ガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまう、ディーゼル車に灯油を入れてしまう、あるいはハイオク(プレミアム)ガソリン指定エンジンにレギュラーガソリンを入れてしまう。こうした給油時の燃料の入れ間違いは、常識的に見れば起こりようがないはずなのですが、年間に何件か報告されています。しかも昨今になって増えてきたと言われています。ひとえにセルフ式のガソリンスタンドの増加によって、ガソリン車への軽油の給油が増えたことが最大要因と考えられます。

野菜と女性こうした入れ間違いは、エンジン不調をまねくだけでなく、エンジンに深刻なダメージを与えてしまうことがしばしばあります。いずれの場合でも、間違いに気付いたら決してエンジンを始動しないことが深刻なダメージにならない最善策です。
例えば、ガソリン車に軽油を入れた場合、大抵の場合、軽油とガソリンが混ざった状態で走行することになり、エンジン出力が下がり、加速が鈍くなります。100%軽油の場合は、排ガスが黒くなり、やがてエンジンが停止します。いずれの場合もタンク内のガソリン、軽油をすべて排出し、タンクを洗浄するといった作業が必要になります。セルフで作業を行い深刻なトラブルを避けることができたとしても、一度専門家に見てもらった方がいいでしょう。

エンジンパワーが低下した場合のトラブル

| 未分類 |

走行中、期待したスピードが得られない、加速が鈍っているように感じる、特に登坂中にパワーが足りない等、エンジンパワーが低下した場合の原因は、様々なことが考えられます。代表的なものは、エアクリーナー(エアフィルター)の汚れと点火系のトラブルです。エンジンの回転は、吸入した空気とガソリンを混合し、それを爆発させることで行っています。空気を吸入する際、埃や不純物を濾過し、きれいな空気にしてやる必要がありますが、その濾過機能を担うのがエアクリーナーです。

飲み物と女性02このエアクリーナーが汚れたり、目詰まりを起こすとアクセルを踏み込んでも期待したようなパワーが得られないことがあります。対処としては、当然ながらエアクリーナーの交換ということになります。点火系のトラブルに関しては、イグニッションコイルの不具合とプラグの不具合が考えられます。スパークプラグが磨耗すると電気火花が正常に飛ばなくなり、失火という状態になり、エンジンの回転が落ち込みます。こちらも当然ながらイグニッションコイル、プラグの交換ということになります。その他、エンジンオイルの汚れも考えられます。エンジンオイルの交換を怠ると、ピストンリングの磨耗等を引き起こす場合があります。簡単に言えば、エンジンが正常に回らないということになります。
これらのトラブルは、相応に車のメカニズムに長けたドライバーでないとにわかに分からないケースが多いです。上記の交換は、定期点検や車検の際に行われることがほとんどだからです。