正しい対策方法について

| 未分類 |

車の性能を維持するためには、冷却水など細かなところも点検が必要です。エンジンの発生熱量が高まってしまうとオーバーヒートを起こしてしまいます。異様な熱を持ったまま冷やされないでしまったら、煙が出てきたり発火してしまう危険もあるのです。走行中にそのような状態になってしまったら大変なので、出発する前には冷却装置の確認を行うべきです。特に高速道路を走る予定があるときには十分に確認を行うと良いです。なぜなら不具合を感じたからと急に止まることが難しいですし、左端の路肩に止められたとしても衝突される危険があって、事故の原因となることもあるからです。

女性01オーバーヒートを感じたときの対応は、周囲の安全を確認して邪魔にならないところに車を早急に停車させ、ボンネットを開けることでエンジンルームの風通しを良くします。この作業だけで幾分冷やされますが、安心はできません。冷却装置が壊れて動かない時や冷却水が漏れているときなどはエンジンを完全に切って自然に冷めるのを待つしかありませんが、冷却装置が働いているときにはエンジンを停止しないほうが循環が促せされますし、エンジンを止めたことで一挙に温度が上昇してしまう状態を避けることができます。このため、不具合が発生しても冷静に対応することが大切です。